株式会社創美建設 注文住宅
HOME >> 注文住宅 >> 工法

工法 建築工法を知って選ぼう!

木造軸組工法(在来工法)

日本に古くから伝わる建築工法で、柱の上に梁をのせて構造体をつくる事から、軸組み工法とよばれています。地震や強風など、横から加わる力に対しては、柱と柱の間に筋交い(斜め材)を入れることで抵抗します。柱と梁の接合は、木材の先端にホゾ(突起)をつくり、もう一方の木材に設けた穴とかみ合わせる(仕口)ことが基本です。さらに金物を併用して強度を高めます。木造軸組工法は、他の構造に比べると構造上の規制が少なく、軸の位置や長さが比較的に自由に設定することができ、開口部を大きくとったり、広くて開放的なプランも実現できます。また、比較的安価で予算に応じた施工が可能です。その他、他の工法に比べ増改築に対応しやすいことなども特徴です。

木造軸組工法(在来工法)


2×4(壁式)工法

アメリカ・カナダから導入され、急速に普及した工法で、輸入住宅といわれる家のほとんどが、北米から輸入した製材を使用した2×4工法です。木造軸組工法が線で組み立てていくのに対して、2×4工法は面で構成させる工法で、別名、枠組み壁工法とも呼ばれています。4方の壁と天井・床の6面体で構成される2×4工法は、建物にかかる外力をそれぞれの面で分散して受け止めるために、構造的に耐火性、耐熱性、気密性に優れ、耐震性も備えています。また施工が簡単で工期も短く、熟練した職人さんを必要とはせず、品質のバラツキも少ない工法です。

2×4(壁式)工法


SW工法(スーパーウォール工法)

SW工法は、独自の「高性能SWパネル」による高気密・高断熱・高耐震構造であり冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、外壁の内側に通気層を設け、木材の腐れや結露の発生を解消し、住まいとしての基本性能を大きく向上させました。ご要望しだいで自由に設計できる高性能住宅です。

 

 

RC工法(鉄筋コンクリート工法)

圧縮する力に対しては強いが、引っ張る力には弱いコンクリート。高熱には弱いが、引っ張る力に強い鉄筋。この両者を付着させて、より強度の高い構造体を造るのが鉄筋コンクリート工法です。
耐震性、耐火性、耐久性に優れています。構造体の重量が大きいため、軟弱地盤の場合、特殊な基礎工事が必要になります。法定耐用年数は約60年となります。



創美建設では、お客様の条件に合った、さまざまな工法をお選びいただけます。
PAGE TOP
注文住宅

所在地:東京都練馬区富士見台2-40-19 〒177-0034
TEL.03-3577-8030(代表)FAX.03-3577-8031
建設業登録:東京都知事(般-27)143625号
建築士事務所登録:一級建築士事務所 東京都知事登録58433号