株式会社創美建設 注文住宅
HOME >> 注文住宅 >> 地震対策住宅

地震対策住宅 大切な家族を「地震」から守りましょう!

耐震住宅

耐震住宅耐震住宅は地震に耐える住宅です。地震に対して、柱や梁、壁など、建物全体で地震エネルギーを吸収して地震に耐える耐震住宅。つまり大きくゆれても、しっかりと踏ん張ることができる強さを持たせた住宅です。耐震住宅の基本は、頑丈な建物を、基礎としっかり結合させ、大地震にも耐えることができる強靭な構造躯体を強固な基礎で支えます。但し家具が転倒する可能性は高いです。



免震住宅

免震住宅免震住宅とは、地震の揺れを建物に伝えにくくするのが、「免震」という考え方。免震システム装置は、地盤に固定された基礎部分と建物の間に緩衝材を設けているため、地震の際には基礎と建物が別々に動くことで、地震時の横揺れを基礎より上の建物に伝わりにくくする構造で、最小限の被害に抑える方法です。但し活断層や軟弱地盤には不向きです。




創美建設では、どちらの方法も対応させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

耐震の診断のすすめ

昭和56年以前の旧耐震基準で建てられた住宅の「耐震診断」「耐震補強」を早急におすすめしております!

■昭和56年以前の建物

昭和56年以前の建物の構造基準は「旧耐震基準」と呼ばれています。老朽化が進んでいる建物が多く、「基礎」「壁」「接合部」などの建物を支える上で重要な部分の改善が必要な場合も少なくありません。接合部に金物がなかったり、筋かいが少ない建物が多く見られます。

■昭和56年以降の建物

昭和56年以降の建物の構造基準は「新耐震基準」と呼ばれています。それ以前の建物に比べて耐震性は格段に上がっていますが、建物の間取りや形状、壁の配置バランスの良くない建物は耐震性が十分でないことが分かってきました。

■平成12年以降の建物

平成7年の阪神・淡路大震災での建物の倒壊損傷の実態を調査検証した結果、耐震性能がより一層強化されました。「強い壁にはその力に応じた強い引き抜き金物を使用する規定」「バランス良く耐力壁を配置するための数量化の規定」「地盤の強さに応じた基礎形状の規定」が新たに設けられました。

PAGE TOP
注文住宅

所在地:東京都練馬区富士見台2-40-19 〒177-0034
TEL.03-3577-8030(代表)FAX.03-3577-8031
建設業登録:東京都知事(般-27)143625号
建築士事務所登録:一級建築士事務所 東京都知事登録58433号